12/10/2005

[&] moere numa park

モエレ沼公園 イサム・ノグチ設計
念願かなって行ってきました。
圧倒的な空間の存在感と、大地そのものが彫刻作品であるという素晴らしさ。
ひととき時間が流れていることも忘れてたたずんでいました。寒かったけど。
館内のレストラン(ランファン・キ・レーヴ)が超うまうまであることと、
不思議なナイフとフォークが記憶に残る。
さらに、ちょうどテルミンのコンサートが聴けてすばらしく豊かな時間であった。

願わくば、一人で行くところでは無いということくらいか。
広大な空間の中で孤独感が押し寄せてきて、押しつぶされそうになります。
一面真っ白な雪景色の中、山頂で、大声で叫んできました。

2 Comments:

Anonymous 河村 said...

安藤さんも言ったんですか!!
僕も10日に行ってきました。すばらしかったです。ただ、僕が行ったときは吹雪と晴れを繰り返す大変な天気でしたが、その分空気も澄んでいて良かったです!

2:34 午後  
Blogger Yukio Andoh said...

なーんだ。
誘えば良かったかな?
というかそんなこととは
全然知りませんでしたよ。
もしかしてすれ違っていたかも。

10:18 午後  

コメントを投稿

<< Home