3/14/2005

[&] カバー、おかけしますか? 本屋さんのブックカバー集

カバー、おかけしますか? 本屋さんのブックカバー集
Cさんに教えて頂いた、神田で近々開催されるブックカバー展つながりの本。
興味津々。

もともと革製とか、布製とか色々とお気に入りのブックカバーを買ってたんだが、
なぜだか数冊分も使わないうちに無くしてしまうのだ。困ったヤツ。

有隣堂だと、10色の中から好きな色を気分で選べるのが楽しい。
あとたまーにフリーペーパーみたいにデザインされたフリーの
ブックカバーが何種類か置いてある書店もあるな。
以外と、書皮(というらしい)の世界は奥が深そうだ。

2 Comments:

Anonymous freyja said...

昔は本屋さんで必ずブックカバーをかけてもらっていました。そのカバーを見ると買ったときの情景とか思い出されたりとか、ブックカバーのデザインのよい本屋さんで買いたくなったものです。
でもしばらく立つと中身が何かわからなくなるのと、文庫本やコミックスなどはブックカバーをしないと一、二冊程度本棚に多くおさめられるのが判って付けてもらうのを泣く泣くやめました。
こんな本が出てるのですね。今度探してみようと思います。

10:28 午後  
Blogger Yukio Andoh said...

ええと、題名(タイトル)が見える、
超薄い、透明っぽいブックカバーがあれば
いいのかな(←なんか違う)

まあ、ブックカバーには電車で読んだりしている時、
周りの人には解らないようにする意味も
あるのかもしれません。

以前、金髪で長身の外国人が、
電車で「ちびまる子ちゃん」読んでいるの見ました。
なんだか微笑ましい。

10:53 午後  

コメントを投稿

<< Home