9/25/2008

[&] Eye-Fi Japan




Eye-Fi Japan

ここ数年でもっともイノベーティブだと感じたデジタルガジェットが Eye-Fi だ。
SD メモリカードサイズに、無線機能を搭載して、ごく普通のデジカメで使える。
撮影したとたんにネットワーク経由で iPhoto や Flickr に転送される。
頭ではどういう仕組みなのか、どんな動作をするのかがわかっていても、
いざ、実際に Eye-Fi を使うと、そのスムーズさに驚く。

ついにその Eye-Fi が日本進出してくるのだ。
無線機器なので、認可も通らないといけないし、
日本特有の無線LAN事情、日本特有のデジカメ事情があったりして、
いろいろこれから大変かもしれない。
便利な写真共有サイトや、写真プリントサービスとの
連携が鍵になってくるかもしれない。

いろいろあるけど、
素晴らしいアイデアと、それを実現した技術の力、
沢山の人と人のつながりと情熱で、ついにここまでやってきた。
というか、ついにスタート地点に立てただけなのかもしれないけど。

数年後には、デジカメが無線LAN対応するのは当たり前のことになっていて、
もっとその幅は広がる。フォトフレームやデジタルビデオや様々なところで
Eye-Fi が活躍していることだろう。
GeoTag の仕組みだって、もっと活用されていくだろう。

きっと、おばあちゃんも、小さい子供達も、
テクノロジーのことなんか気にせず、写真を楽しむ時代が来るハズ。

そうなっていく大きな流れの、
一番最初の瞬間に立ち会えたような気がして、うれしい限り。

運命を決めた「和製○○」
ひっそりとでもいいのでショーケースに飾って欲しいものです........

 ********

 ちょっとだけ技術的なこと書いておくと 802.11 b, g, n に対応
 使い方のコツは、デジカメの自動スリープ開始までの時間を長めに設定しておくこと
 (デジカメの電源が入っている時しか、自動転送されない。あたりまえだけど)
 Mac でも Windows でもブラウザが使える環境であれば、Eye-Fi Manager が使える。
 iPhoto に転送するのが一番速くて便利。
 Flickr に自動転送する場合は、プライベートモードを ON にしておけば、
 撮影した写真がいきなり全世界に公開されて「とほほ」なコトにならないですみます
 あと、AirMac Express とセットで使うと、さらに機動力が向上。
 意外と残念なのは RAW 撮影ファイルは転送されないこと(未確認)。
 Nicon D60 は Eye-Fi を自動認識してバッテリー動作を調整してくれるらしい。
 と、そんなこんなで。

2 Comments:

Anonymous なかむらりえこ said...

うーん、とうとうきましたか!

>Flickr に自動転送する場合は、プライベートモードを ON にしておけば、
 撮影した写真がいきなり全世界に公開されて「とほほ」なコトにならないですみます

この点、いっちばん気になりました(笑)。
彼らの友人が2年前に来日。もとSGIの仲間だか?なにせ、あのシリコンバレー友達数人で始めたと聞きました。
デジカメとあわさってうまくすると、新たなメディアになる可能性もあるか?・・・・

7:09 午前  
Blogger Yukio Andoh said...

撮影された写真が、その瞬間に近くに居る人の撮った写真とカンブリアン化した繋がりが生まれたりするのかもしれません!!

10:16 午後  

コメントを投稿

<< Home