9/15/2015

[&] CLIO Healthcare Awards 2015

世界最高峰の広告賞CLIO賞のヘルスケア賞より
俺は行ってないけどレポートシリーズ!
まずは金賞受賞作品から。


■ Lucky Iron Fish
http://www.luckyironfish.com/
カンヌライオンズでも受賞しまくっていた不足がちな鉄分を取得するために
魚の形をした鉄の塊を料理に入れて使うというプロジェクト。
それまでも鉄の板を配布していたけれど、全然使われなかったのを、
魚の形にして、ストーリーを一緒に伝えることで、圧倒的な普及に成功した、
まさにデザインの勝利!という好例




■ CIREC Foundation (Rehabilitation and Prosthesis Center)
3Dプリンタで安価に作れる高性能な子供用の義手。万能さを求めるのではなく、
LEGOブロックと組み合わせて、部品を付け替えて様々な働きを。子供の誇らしげな顔が印象的。



■ The Australian Cancer Research Foundation
https://theone.cancerresearch/
 (WebGLが動くブラウザで見てください)
ガン研究への寄付を募るプロジェクト。自分の顔と他の顔とのコラージュによって、
他人事を自分事に引き寄せるという意味合いがありそう。ドメイン名が凄い。


■ Huggies Meeting Murilo
https://www.facebook.com/AgenciaMood
目不自由な母親に、おなかの中にいる赤ちゃんの顔の形を3Dプリントして、
点字とレリーフで手で触ってわかるようにするプロジェクト。
母親の喜びようが、その素晴らしさを体現している。


■ Stiftung FÜRS LEBEN Life Time Clock
公共空間にある巨大な砂時計。臓器移植団体の広告で、多くの人にドナーカードを持って帰ってもらうための施策。


■ Randox Sniffers
性感染症の匂いを嗅ぎ分けられる犬と一緒に夜の繁華街をパトロールするプロジェクト。


■ P&G/ Pepto-Bismol
ヤギの両親に育てられた子供の物語。胃腸薬のCM。



■ Doctors of The World
エボラ出血熱対策への寄付を募るプロジェクト。
必要物資を購入して寄付とするもの。
ハロウィンには防護スーツで繰り出そうと薦めている。
一つ間違えば悪ノリと思われてしまう、ギリギリの線を攻めてきている印象的な作戦。
https://morethanacostume.com/


■ Shokubutsu Hana Personal Care
水の中の植栽で、広告表現を実現したもの。


■ Truth Initiative
未成年へのタバコの害を啓蒙するユーモラスな映像
http://www.thetruth.com/




好評でしたら、銀賞、銅賞のレポートも続けます!

1 Comments:

Blogger masatofujii said...

レポート期待して待ってます。

10:05 午前  

コメントを投稿

<< Home